DJI Telloコマンドプロンプトでコピーできない?

プログラミングで飛行させることができるということで、人気のあるトイドローンTelloですが、先日私自身、プログラミングで飛ばしてみようと思い、手順どおりにやっていたところ、コマンドプロンプトでのプログラムコピーする箇所でつまずいてしまいました。

他の皆さんは私のようなミスはしないとは思いますが、いつお共有の意味で記しておきたいと思います。

スクラッチとは

念のためにスクラッチというプログラミングアプリをご存知ない方に、簡単にスクラッチを説明しますと、

Telloをプログラミングで飛ばすためには、スクラッチという子供向けのビジュアルプログラミングアプリが必要です。これはアメリカのMITラボが開発したビジュアルプログラミング言語で子供にプログラミングを学んでもらうために開発されたアプリになります。それを使ってTello用にプログラミングを作成し、(といってもすごく簡単です)Telloを飛ばすというわけです。

もしスクラッチについて簡単に学びたい場合は、以下の本がおススメです。マンガなので簡単に読めますし、うちの小学4年生の息子も簡単に読めてしまいます。マンガなので何度も読んでくれますし。

【書籍ご紹介】子供向けプログラミング入門本(スクラッチ対応)

Telloでコマンドプロンプトにコピーする手順

まずはダウンロードしたTello用JavascriptのTello.jsを開きます。

Tello.jsを開くとプログラムが書かれていますので、以下のようにvar~の配下をすべて選択し、

右クリックでコピーします。

次にコマンドプロンプトを起動させます。

これをコマンドプロンプトに先ほどコピーしたプログラムを貼り付けるというわけですが、ここで私の場合、以下のようなエラーが出てしましました。

これに似たようなエラーメッセージがコマンドプロンプトウィンドウ全体に表示されてしまいました。
何が原因か良く分かりませんが、プログラムが認識されていないようです。

スクラッチの方を確認すると以下のように信号がになっています。
もしコマンドプロンプトに正しくプログラムが貼り付けられていると、この信号がになるのです。

コマンドプロンプトでのコピーでエラーが出た原因

少し調べてみると大事な文字を入力するのを忘れていました。
その文字とは、

node

です。

これをコマンドプロンプトを開いたら、まず以下のように入力する必要があったのです。

はい、ものすごく簡単な理由でした。

 

nodeと入力後、再度プロンプトを貼り付けたところ以下の通り、問題なく貼り付けることができました。

スクラッチを見てみると信号も緑に変わっております。

関連記事

ドローンプログラミングと子供の教育

ドローンを使ったアメリカ、中国のSTEM教育事例

プログラムを学ぶならドローンを題材に!

アメリカでドローン・プログラミング教育企画中

【書籍ご紹介】子供向けプログラミング入門本(スクラッチ対応)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする