レース用ドローンのモーター回転不良時の原因追究方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フリースタイルでアメリカの絶景を空撮したいという願いから、アクロモードでのドローン飛行を練習中です。
そんな中、練習に使っていたレース用ドローンのモーター1つの動きがおかしくなってしまいました。
その原因調査の状況含めブログに残しておこうと思います。

モーターの動きがおかしくなった経緯

冒頭書きましたが、アメリカにいる今のうちに、またアメリカのドローン関連の法律がしっかり整備される前にアメリカの絶景をレース用ドローンで空撮してみたいとかねてらか思っています。

そのためにも是非ともFPVゴーグル付けてアクロモードでのドローン飛行を身に付けたい思っています。

そんな感じで、時間に余裕がある昼休みには以下のような会社近くのグランドで練習しております。

余談ですが、最近ようやく春らしい気候になってきていて昼休みにドローン飛ばすのが非常に気持ち良いんです。
リフレッシュにもなりますしね。

話しを戻しまして、いつもと同じようにFPVゴーグル付けてアクロモードで練習していた際に、事件が起きました。

それは結構な上空高くから結構なスピードでアスファルトにドローンを打ち付けてしまったんです。

その日は、そのまま問題なく飛んでいたドローンでしたが、翌日飛ばそうとすると4つのモーターのうち1つの回転がおかしくなったんです。

1つだけモーターの回転がおかしい現象調査1

以下が、1つだけモーターの回転がおかしい現象です。

正直、前述の上空高くからドローンをアスファルトに打ち付けたのが原因かどうかは分かりませんが、今のところはそれが原因かな?と推測しています。

もう一つモーター回転がおかしくなった前後での変化点でいうと、以下のように問題のあったモーターの線がだぶついていて、プロペラと干渉することもあったので以下の赤丸のように「結束バンド」でとめました。

その際、少し強く締めすぎたのでモーター線が断線した?なんてことも考えました。まー多分、これは原因として考えにくいですが、念のため以下のように「結束バンド」を外してみました。

そして再度、モーターを回してみましたが、結果は変わらず…

1つだけモーターの回転がおかしい現象調査2

もう一つ原因として考えられるのがESC周りの線の接続があまくなっていないか?ということでした。
ですが、以下の赤丸部を見たりしましたが特にあまくなっているようには思えませんでした。

※輪ゴムは、どのモーターがおかしくなったかの目印用なのでお気にせず

次にESCの故障を疑いました。これを調べるために正常に回っているモーターと、今回おかしくなったモーターを入れ替えて、確認することにしました。
もし問題なくモーターが回った場合、モーターの故障。同じように回転がおかしかった場合はESCの故障だと切り分けることができます。

というか、この記事を読んで頂いた方から上記のような問題の切り分け方を教えていただきトライしたというわけです。本当にありがとうございます。

上記の切り分けの結果、モーターを入れ替えた後、正常にモーターが回ったため、モーターの故障という結論になりました。左下の箇所がモーターの回転がおかしかった箇所ですが、モーターを入れ替えた所、問題なく回りました。

現時点の対策

とういことで、現時点ではモーター故障だと判断し、新しくモーターを注文しました。

私にとってはハイパワーのモーターですが、お恥ずかしいながら替えのモーターを持っていなかったので、これを気にいくつか注文しておきました。

Gearbestでの注文でしたが、在庫が中国との事で暫く待つ必要があります…

モーターが届き次第、交換してみて直るかどうか見ていきたいと思います。その際には本投稿を更新したいと思います。

【追記】

その後、モーターが届いたので交換してみると問題なく直りました。
すぐに問題を特定するためにもモーターの予備は持っておくべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*