ドローン プログラムDJI TelloをIF文でプログラミングする方法

前回、前々回とDrone Blocksというビジュアルプログラミングアプリを使ってDJI/Ryze Telloをスマホでプログラミングし、飛行させて来ました。

今回はアプリ内の「Logic」というIF文が使用できるコマンドを使ってプログラミングしてみたいと思います。

まえおき

今までの以下の関連記事でも書いてきましたが、このDrone Blocksの最大の特徴はスマホで簡単にプログラミングできることです。iOSとアンドロイド両方に対応しているようですが、2018年5月現在はiOSメインでアンドロイド用はプロトタイプ版のみのようです。

DJI/Ryze TelloをスマホアプリDrone Blocksでプログラミング(前々回)

DJI/Ryze TelloをDrone BlocksのVariablesを使ってプログラミングする方法(前回)

Drone Blocksを使ってDJI Mavic Proなどをプログラミング飛行

前回、前々回ではDrone Blocksの持つ8種類のコマンドのうち、Takeoff、Navigation、Flip、Loops、Math、Variables、Landの7種類を使ってプログラミング飛行をさせてきました。

今回は最後の一つである「Logic」をプラスさせ8種類全部を使ったプログラミングを作成し、Telloをプログラミング飛行させてみようと思います。

IF文を使ったプログラミング内容

早速ですが、以下が今回作成したプログラミングになります。

①~⑧まで順番に説明していくと、

離陸させます
②5秒間ホバリング(その場にとどまる)
③とまっている位置からxyzの座標方向に20cm移動します
(イメージは斜め上に20cm移動する感じです)
④変数aaaを作成し、これに3と設定します
⑤変数bbbを作成し、これに0と設定します
⑥repeat内の動作を3回(aaa)繰り返します
まずは変数bbbを1に変更します
前方向にフリップ
続いて後ろ方向にフリップ
ここまで終わったら、次にbbbは2になります。
その後、2種類のフリップをします。
これらを3回繰り返すので3回目にはbbbは3になっています。
⑦もしaaaがbbbと同じになったら、いわゆるaaaは3なのでbbbが3になった時点で右回りに90°旋回します
着陸します

いかがでしたでしょうか?文章だと分かりづらいかもしれないので動画でプログラミングの内容を確認してみましょう。

IF文を使ったプログラミング飛行映像

 

まとめ

とりあえずDrone Blocksの持つ全てのコマンドを使ってプログラミングしてみました。今後も引き続きプログラミングを試していきつつ、自分の子供に少し教えてみようと思っています。

関連記事

DJI/Ryze TelloをスマホアプリDrone Blocksでプログラミング

DJI/Ryze TelloをDrone BlocksのVariablesを使ってプログラミングする方法

Drone Blocksを使ってDJI Mavic Proなどをプログラミング飛行

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする