【ドローン空撮】アメリカの紅葉をDJI Sparkで撮影

ドローン空撮シリーズ。紅葉シーズンになるとフェイスブックなどのドローンコミュニティが紅葉動画で賑わいます。今回、アメリカの紅葉をドローンで空撮しました。その動画の出来栄えはいかに。

アメリカの紅葉シーズン

特に広大な土地を持つアメリカには公園が沢山あります。
私が住むアメリカ ミシガン州にも沢山の州立公園があります。
そのスケールは日本の公園とは比べ物にならず大きな湖がすっぽり入る公園もあり、そこには鹿やリス、ウサギなど様々動物が住んでいて、そこでバーベキューや釣り、キャンプもできます。

そんなアメリカにも日本同様、紅葉シーズンがあり、公園面積が広いだけに木々が占める面積も広く紅葉もすごくキレイなんです。

まえおきはこれぐらいにして、DJI Sparkでアメリカ ミシガン州の紅葉を空撮しましたので早速、その動画もご覧ください。

アメリカ紅葉のドローン空撮動画

以下が、空撮動画になります。

 

動画編集について

ドローンを始めたばかりだと空撮した動画の編集方法が分からず撮りっぱなしになることも少なくありません。
そのまま放っておくと動画が溜まっていき収拾がつかなくなることにもなりかねません。

DJI Go4アプリの活用

そこで、私のおすすめはDJIドローン用アプリであるDJI Go4アプリを使って動画編集することです。
上記の動画もDJI Go4アプリを使って編集しました。

クイック編集のように、空撮した動画を選んで動画作成ボタンをクリックすれば動画の中のベストショットを自動で選んでくれ繋ぎ合わせて一つの作品を作ってくれます。もちろん音楽付きです。
これが最も早く動画編集する方法でしょう。

もちろんクイック編集でなく自分好みに動画を編集することもできます。たとえば文字を入れたり、空撮した動画を必要なところだけ切り取って使用したり、動画の順番を変えたり、音楽を変えたり、色んなカスタマイズができます。

Windows Movie Makerの活用

もう一つの動画編集ソフトであるWindows Movie Makerをご紹介します。
これはほとんどのWindowsパソコンにデフォルトで入っているのではないでしょうか?

私のDJI Go4アプリとの使いわけは、音楽はDJI Go4アプリのものを使用したいので、動画をザックリ作り、音楽を選択したら、後はWindows Movie Makerに動画インポートし、文字追加などをします。この際、DJI Go4アプリで追加した音楽もそのまま残っていますのでご心配なく。

3分で分かる!ドローンのおすすめ動画編集のやり方

動画作成後

動画を作成したらYoutubeなどにアップします。もし全体に公開したくない場合は、限定公開もできますしYoutubeでなくFacebookなどにアップしておいても良いでしょう。
そうやって空撮した映像を残しては、後でみて楽しんでいます。言うまでもないですが、これらの動画が後に良い思い出になります。

まとめ

今後もアメリカでの思い出を増やすべくDJIスパークで空撮していこうと思います。
その他の空撮シリーズは以下を参考にしてみてください。

空撮シリーズはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする