3分で解決!DJI スパーク Wifiパスワード変更で安心フライト

DJI製品のドローンを飛ばすために送信機側とドローンを接続時にWifiパスワードが弱いため変更を促すメッセージが表示されたことはないでしょうか?今回はパスワードの変更方法をご紹介します。この方法はパスワード忘れの際にも使えます。

はじめに

DJI製品のドローンを飛ばすために送信機側とドローンを接続時に、以下の赤枠のようなWifiパスワードが弱いため変更を促すメッセージが表示されたことはないでしょうか?
ざっと訳すと、「ドローンのデフォルトWifiパスワードは弱いです。あなたのドローンの安全のため、また他からドローンに接続されることを防ぐために、できるだけ早くパスワードを変更してください。」という内容です。

確かにデフォルトのパスワードは12341234になっていますので、これだとパスワードが簡単すぎますよね。
理論上、このパスワードを知っていれば他者があなたのドローンに接続し操作することも可能というわけです。

Wifiパスワード変更(強化)方法

それでは実際に私の持っているDJIスパークを題材にWifiパスワードを変更していこうと思います。
おそらくMavic ProやMavic Airでも同様の方法だと思います。

パスワード変更

まずは送信機とドローンを接続後、以下の赤枠のとおり画面右上をタップします。

その後、次の画面でアンテナマーク、パスワードの順でタップしていきます。

すると以下のようなWifiパスワード変更画面が現れますので、現在のパスワード(デフォルト)の12341234をタップすると入力画面になります。
パスワードは8文字以上最大64文字までで文字と数字のみ使用できます。なので@のような記号はダメということになります。

送信機、ドローンの再起動

送信機、ドローンを再起動し、送信機とドローンをWifi接続しようとすると変更後のパスワード入力を求められますので入力します。
これでWifiパスワードが変更されました。

Wifiパスワードを忘れてしまった場合

ではもしパスワードを忘れてしまい、送信機とドローンの接続すらもできない場合はどうすればいいでしょうか?
その場合は、まずドローンの電源ボタンを9秒ほど長押しします。
するとパスワードがリセットされ、デフォルトのWifiパスワードである12341234になるので、それで再度、送信機とドローンをWifi接続し、任意のパスワードに設定しなおせばOKです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はDJIスパークを題材にWifiパスワードの変更方法やパスワード忘れてしまった際のパスワード再設定方法をご紹介しました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする