DJIドローン用バッテリーを災害・緊急時の非常用電源に活用する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年、日本は残念なことに自然災害の多い年になっています。台風、地震、豪雨や猛暑が代表的なものではないでしょうか?
災害の時の一つの問題に停電がありますが、電気がないためにちょっとしたスマホなどのデバイスの充電もできずに知人や家族に連絡を取ることができないということもあるかと思います。
そこで、今回はDJIドローン用バッテリー(インテリジェントフライトバッテリー)を非常用電源として活用し、スマホなどに充電する方法をご紹介します。

はじめに

ドローンが個人で簡単に手に入れるようになった今、ドローン人口が爆発的に増えています。そんな中でドローンを使って空撮したいという人も増えています。
ドローンを飛ばすためにはバッテリーが必要となり、現在のバッテリー技術ですと1つのバッテリーにつき、15分~30分が最大飛行時間になっています。
となると、空撮を楽しむ人にとってはドローン用バッテリーが一つだと足りなく、必然的に複数のバッテリーを準備することが多いようです。

そんな中で冒頭書きましたが、DJI用ドローンバッテリー(インテリジェントフライトバッテリー)に、DJIから販売されているバッテリーPower Bankアダプタを付け、USB経由でスマホやその他デバイスへ充電することが可能です。そしてそれを活用すれば、災害時に停電してしまった際の非常用電源としても使うことも可能なわけです。

だだ、全てのDJI製品に対し、バッテリーPower Bankアダプターが準備されているわけではないようです。
今回は、それぞれの機種のアダプターの紹介と、接続方法、価格などをご紹介したいと思います。

バッテリーPower Bankアダプター

DJIドローンで準備されているバッテリーPower Bankアダプターは以下になります。

Mavic2用バッテリーPower Bankアダプター

以下は2018年8月に発売されたばかりのMavic2用バッテリーPower Bankアダプターです。
価格はDJIオフィシャルストアで2400円ぐらいで売られています。
ちなみにMavic2用バッテリーの価格は119ドル、このバッテリーでの最大飛行時間は、31分です。
USB接続イメージも確認できます。

画像出展元:DJIオフィシャルページ(以下、画像同様)

Mavic Air用バッテリーPower Bankアダプター

以下はMavic Air用バッテリーPower Bankアダプターです。
価格はDJIオフィシャルストアで2400円ぐらいで売られています。
ちなみにMavic2用バッテリーの価格は10000円ぐらい(アメリカでは79ドル)、このバッテリーでの最大飛行時間は、21分です。

Mavic Pro用バッテリーPower Bankアダプター

以下はMavic Pro用バッテリーPower Bankアダプターです。
価格はDJIオフィシャルストアで2300円ぐらいで売られています。
ちなみにMavic Pro用バッテリーの価格は10000円(アメリカでは89ドル)、このバッテリーでの最大飛行時間は30分です。

  

まとめ

いかがでしたでしょうか?ドローン用のバッテリーは、一見、ドローンにしか使えないと思いがちですが、少し視点を変えたり便利なアクセサリーの存在を知ることで、今回のように災害時の非常用電源として活用することもできます。
災害時は、電気が少しでもあるだけで、かなり助かられることもあるのではないでしょうか?少しでも有事に備えることで救われることがありそうです。

また、国土交通省からも注意喚起が出たりもしますが、災害現場でのドローンの飛行については、十分注意する必要があることも合わせて覚えておきたいところです。災害現場では多数、救援救助機が飛行している可能性があり、誤ってドローンと接触しては大変です。
アメリカではドローン規制の中で明確に注意喚起がされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*