初心者に最適!レース用ドローン おすすめ3インチ機体その2

現在、レース用ドローン購入を検討しています。
候補が2機あり、そのうちの1機のスペックを備忘録がてら残しておこうと思います。

先日、レース用ドローン購入候補の2機のうち1機のスペックは調査し、以下の投稿をしました。

ドローン レースに魅せられて おススメ機体その1

今回はもう1機の候補について備忘録として残しておこうと思います。

そのもう1機のドローンの名前は、HGLRC XJB – 145 145mm Micro FPV Racing Droneです。

HGLRC XJB – 145 145mm Micro FPV Racing Droneの価格

まず気になる価格ですが、なんとBanggoodやGearBestでは、149ドルと驚きの低価格で売られています。

Getfpvだと少し高めの199.99ドル。

ちなみに2018年1月現在の価格なので悪しからず。

HGLRC XJB – 145 145mm Micro FPV Racing Droneの仕様

フレーム

ホイールベース:145mm
アームプレート厚さ:3mm
ボトムプレート厚さ:3mm
サイドプレート厚さ:1.5mm
材質:炭素繊維
重量:29g

先日の投稿で紹介したSrio X3のフレーム厚さは、4mmなのでそれより薄いです。
知人のベテランレーサによるともしかするとフレームが弱いかもしれないとのことでした。

フライトコントローラー関係

・マイクロF4 フライト コントロール ボード(Dショット バージョン)
⇒フライトコントローラー(FC)は
Srio X3と同様にF4を使っており問題ないですね。
・MPU:MPU6000-SPI
・CPU:STM32F405RGT6, デュアル 8K.
・ブラック ボックス:フラッシュ 16M
・入力電圧:2-4S LIpo
・PIDを調整する内蔵Betaflight OSD
・BEC出力:5V@3A
・サイズ:25x25mmボード、20mm取り付け穴(M2)
・重量:120g(モーター、フレーム、電気類)
・サブ/PPM/DSMX 受信機をサポート
・バッテリーコネクター:XT-30

ESC関係

ESCは、28A 2-4S Blheli_S BB2 4 in 1 ESCを使っており、Srio X3同様に、BLHeli_SタイプのESCを使用し問題なし。
このESCはフライトコントローラー経由で設定作業等を行うことが可能で、最も情報量が多いESC。

また4-in-1というのは、そもそもESCはそれぞれのモーターに一つずつ準備されているESC(4つのモーターの場合、4つのESCが必要)と、その4つのESCが一つにまとまった4-in-1とがあり、この4-in-1でESC搭載するのに小スペースで済みますし、軽量化にも寄与します。

モーター

搭載されたモーターは1407-3600KVです。

PNPの略記に気を付けよう(PNPの意味)

上記にPNPという表記がありますが、これはPlug-N-Playの略になります。
といっても何のことか分かりませんよね?

ドローンではこういった略語が結構でてきますよね。他にはRTF、BNFなどがあります。

ここではこの違いを少しまとめておきますね。
RTF、BNF、PNPそれぞれに付属する機器は以下の通り、○が付いているものになります。

したがって、PNPだとReceiverが付いていないので、忘れずに購入するようにしましょう。

Transmitter Receiver Battery Motor ESC Servos
RTF
BNF    
PNP      

まとめ

色々とレビューなどを調べてみましたが、かなり完成度が高い、本気の高性能レーサー機のようです。

4Sバッテリーを搭載してもU199gに収まるようなので、かなり期待大です。

CCDカメラ標準装備、フライトコントローラー、ESCも良いものを使っていますね。

気をつけないといけないのが、受信機が付いていないので、これは別途購入する必要がありますね。

受信機は未だ何を買えば良いか分かっておりませんが、また調べて投稿したいと思います。
しかし、これで149ドルなんですからかなり買い得な3インチレーサードローンだと思います。

以下、アメリカ人のレビュー動画ありましたので貼り付けておきます。

 この動画の15:15ぐらいのところから実際にドローンを飛ばすところが出てきますが、それを見る限りかなりのパワーを秘めていそうです。

HGLRC XJB – 145のレビュー動画はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする