初めてのレース用ドローン 機体、受信機、バッテリー購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、HGLRC XJB 145mm Micro FPV レースドローンを購入しまして、正確にはGearbestからの到着待ちですが、待っている間に少しずつ周辺部品を買いそろえております。今回はその辺をご紹介。

1月15日にHGLRC XJB  145mm Micro FPV レースドローンをGearbestで注文しました。
ちなみに価格は149.99ドル

現在のところ2週間ほど経ちましたが、まだ届いておりませんが、中国からの発送とのことで、少し気長に待つことにします。
(私は現在、アメリカ在住のため)

ここまでの経過を以下にも投稿しているのでもしよろしければ参考になさってください。

【第1回】ドローン レースに魅せられて おススメ機体その1

【第2回】ドローン レースおススメ機体その2

機体の到着まで周辺部品を少しずつですが、そろえております。

受信機

まずは受信機です。
このドローンは、PNP(Plug-N-Play)で受信機が付いておりません。

最近はドローンを少しでも安く売るためなのか、RTF(Ready To Fly)やBNF(Bind-N-Fly)などと違い、受信機などの付属部品を削り、低価格にしているようです。

ちなみに、RTFは送信機含めドローンを飛ばすためのものが全て揃っているという意味。

BFNは、送信機以外は揃っているという意味。
ただバッテリーが付いてくるかどうかは、メーカーによって異なるようです。

RTF,BNF,PNPの違いは以下の記事に少し書きました。

【第2回】ドローン レースおススメ機体その2

話しを戻しまして、私が購入した受信機は、以下です。

私はSpektrumのDXeというプロポを持っているので、受信機はDSMX対応に対応したものでなければいけません。

ということで、以下を購入。
スペクトラム DSMX 受信機 ダイバーシティ

これはシリアル形式の受信機で、小型軽量になる反面、アンテナ線が短いため受信感度が落ちる場合があるようでそのためダイバーシティ受信機にしました。

価格は、24.99ドル。

バッテリー

バッテリーは正直、性能が比較できるほど知識がなく、どれを買うか迷いましたが、以下を購入しました。

TATTU 650mAh 4S1P 75C 14.8V

 

本当は、いきなりハイパワーもきついかな?
と思い、4Sではなく3Sが良かったのですが、自宅近所のショップに3Sが置いておらず、4Sにしてしまいました。

ネット購入だと送料もばかにならないので、送料のかからないショップで買えればそれに超したことはありません。と、ケチってみました汗

4Sにした分、重量が重くなり、199g以下にならない可能性もありますが、まー、ここはアメリカですし、嫌なら3Sを買えば良いかなと思っています。

価格は、12ドルぐらいでした。

はんだ付けキッド

これも購入!今までまともな物を持っていなかったので。

このはんだ付けキッドはアマゾンで購入。

価格は24.99ドル。

その他、購入予定品

あと買わなければいけないのはバッテリー充電器です。

ちなみに先日、知人に薦めてもらった充電器は以下各種。

価格や、大きさ、同時に充電できるバッテリー数などに違いがあるようですが、正直、正確に違いを理解できておりませんので、調べてみようと思っています。

①EV-Peak CQ3 Multi Charger 4x 100W NiMH / LiPO with Built-in Balance

②iMaxRC X150 6S AC/DC

③LCDバランス ISDT充電器 SC-608 150W 8A インテリジェントMINI

今のところの購入品まとめ

とりあえず今のところ買ったものの価格をまとめておきます。

ドローン機体:149.99ドル
受信機:24.99ドル
バッテリー:13ドル
はんだ付けキッド:24.99ドル

合計212.97ドル

一般的には全くゼロからレース用ドローン始める場合は、これに前述の充電器、プロポ、FPVゴーグルが必要です。

いやー、最初はお金がかかりますね。でもドローンで鳥のように飛び回ることをイメージし、今はガマン、ガマン!

関連記事

【第1回】ドローン レースに魅せられて おススメ機体その1

【第2回】ドローン レースおススメ機体その2

ドローン用はんだセット完全レビュー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*