レース用ドローン HGLRC XJB 145初飛行その実力は?

前回のテスト飛行からだいぶ時間が経ってしまいましたが、本日、なんとかテスト飛行を実施してきました。その結果はいかに!

前回のテスト飛行はプロペラの装着ミスや、バッテリー切れなどで失敗に終わりました。

その後、何度かテスト飛行するもプロポと機体が10mぐらい離れるとノーコンという事態にも見舞われ、テスト飛行を成功させることができませんでした。

今週末こそはということで、金曜日に降った今シーズン最後の?雪が残る中、子供達と一緒にテスト飛行を実施してきました。

テスト飛行の場所は子供達が通うアメリカの小学校の校庭。

校庭に雪がだいぶ残っていたので遊びに来ている子供はいませんでした。

そういえば肝心のノーコンの原因ですが、受信機からFCに繋ぐ3本の線を再度、はんだ付けをやり直しました。

というのも、何となくですが、はんだの付け方が悪く、となりのはんだ箇所に接触してしまっているようだったのです。

この対策でテスト飛行はできたので、ノーコンの原因ははんだ付けミスだったと思っています。

話しを戻しまして、以下がテスト飛行の映像です。

息子が私のスマホで撮ってくれたのですが、画面に息子の指がチラチラと観えております。
その辺はご容赦ください。

飛ばしてみた感想は、もうHGLRC XJB 145の凄まじいパワーに終始タジタジでした。
これを自由に扱えるようになれば言うことないですね。

それと今回はFPVゴーグルに以前、購入したEachine013に付属していた以下のゴーグルを使用。

意外と問題なく見えていました。テスト飛行時は娘がゴーグル装着して見えていると言ってました笑
ちょっと最近、ドローンにお金を使いすぎているので、もう少ししたら、高性能なゴーグルをほしいと企んでおります。

ということで、ようやくまともにレース用ドローンを飛ばせることができました。

このアメリカという地で中々、分からない点を直ぐに聞ける環境ではありませんでしたが、日本にいる知人に夜な夜なネットを通じてQ&Aしてもらえなければ、ここまでたどり着けなかったでしょう。

やはり持つべきものは友ですね。

関連記事

初めてのレース用ドローン(パート13)-充電ケーブル-

初めてのレース用ドローン(パート12)-購入品まとめ-

初めてのレース用ドローン(パート11)-プロペラ取付け-

初めてのレース用ドローン(パート10)-受信機アンテナ固定-

初めてのレース用ドローン(パート9)-サブトリム/エンドポイント設定-

初めてのレース用ドローン(パート8)-充電器購入-

初めてのレース用ドローン(パート7)-プロポ/受信機バインド-

初めてのレース用ドローン(パート6)-Betaflight設定-

初めてのレース用ドローン(パート5)-受信機搭載-

【遂に着弾!】初めてのレース用ドローン購入へ(パート4)

初めてのレース用ドローン購入へ(パート3)

初めてのレース用ドローン購入へ(パート2)

初めてのレース用ドローン購入へ(パート1)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする